Hands of Creation

twohands.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 03日

Give me your music

突然ですが…

来週の11月7日、僕たちの2ndアルバムが発売されます!
タイトルは、「Give me your music」!

…1stアルバムが発売されてから、もう1年半近く過ぎているんですね。
時が経つのは早いものです。
今年4月のメンバーチェンジもついこの間のような気持ちです。
メンバーチェンジ後の僕らは、一から出直すつもりでライブを重ねていきました。
ギターとパーカッションのみというイレギュラーな編成で、
どういうサウンドを作り出せるのか、とにかく研究の日々でした。

僕はガットギターから、よりパワーのある鉄弦のアコースティックギターに持ち替えたし、
BICはパーカッションとドラムの中間ともいえるようなセットを編み出して
ライブ、スタジオのたびどんどん改良を重ねて行きました。

そして現時点での僕たちの答えが、このアルバムのサウンドです。

f0129384_017359.jpg01. Give me your music
02. Nesta
03. Me sing the notes I feel
04. Thinking of you
05. All the way down
06. Run, if you run
07. Sweet sweet, Amela
08. Nothing but I am
09. Oh, what a day
10. I'm leaving this old town

2007.11.07 Release!
TTCL-002 / 2,625yen (tax in.)
(アルバムはライブ会場とTONE MUSIC STOREのみの販売です。)
Hands of Creation が放つ約1年半ぶりの新作「Give me your music」は
歌・ギター・パーカッションのみのミニマム編成から紡ぎ出された力強くも優しい有機ロック。

昨年6月、アルバム「Hands of Creation」で鮮烈にデビューを飾った Hands of Creation。今年4月に、小池龍平(Vo., G)とBIC(Per.) の二人ユニット編成に変身後、カフェライブからFUJI ROCK FESTIVALなどのフェスまで怒濤の日本縦断ライブを決行。歌も含めて一発録音による、ライブ感をそのまま真空パックしたような本作は、小池の日本人離れしたスウィート・ヴォイスと、随所に聴かれるスラップ奏法が印象的なエッジの効いたギター、ブラジリアン・リズムをベースにしたBICのユニークなパーカッションが織りなす、三位一体愛のハーモニー。ハンクリ、聴いてくり~。


…このアルバムは、僕たちがこの半年間ライブとともに歩んだ記録です。

ライブに来てくれた皆さん、ライブに呼んでくれた皆さん、
そして色々な相談に乗ってくれた事務所のスタッフ。
何を欠いても、このアルバムは作れなかったと思います。

この場を借りて、御礼を言わせてください。

皆、本当にありがとう!

そしてこれからもよろしく!
[PR]

by handsofcreation | 2007-11-03 00:16


<< Traveling Song ...      楽屋にて。 >>